ドライバーからのレースリポート 練習編 | ABE MOTORS group

Abe Blog

ドライバーからのレースリポート 練習編

さて、ドライバーのAbeから初レポート。MINIチャレンジ参戦に向けて最終の練習走行をしてきました。

場所は初戦開催されるツインリンク茂木、サーキットライセンスも1週間前に取ったばかりで、もちろん走るのは初めて。TVCでのバーチャルドライビングでイメージはありますが、やはりドキドキします。走行枠は11:15、14:15.15:45の三本、天気予報は午後から雨、アメモータース練習走行の日は必ず雨降りますw。3打数3安打で雨ですw。

 

これまで富士スピードウェイで練習走行を2回して、2回目でドライブシャフトが折れてほぼ走れずに終わって以来の走行。この間にMINI大田とAbe BMWのメカニックがドライブシャフト交換、クラッチ交換、パッド交換など、ばっちり整備をしてくれました。自社体制でのレース参加、予想以上にメカニックへの負荷がかかってますが、彼らも他ではできない経験であり徐々に慣れてきて頼もしく感じます。

今回の練習走行の目的はいくつか。まずは引き続きこのクルマの走行になれる事。MINIですがレーシングカーであり、運転する姿勢、視野、アクセル、ブレーキ、ステアリングの感覚など、ナンバー付きのクルマとはやはり大きく異なります。最初ほどパニックにはならなくなりましたが、この前はコースインしてから、すぐ目の前にあるバックミラーがずれてて動かしたいのだけど、5点式?シートベルトでどうやっても手が届かないw。結局一周でピット戻って直してもらうありさま。

次の目的はタイヤの特性を感じる事。レースカーらしくいわゆるスリックタイヤが装着されており、このタイヤで運転する事も3回目。初回の富士で温まっていないスリックタイヤでスピンしてビビりましたが、今は少し良くなってきたかな。今回は今年からワンメークでのタイヤ供給が決まったDUNLOPのニュータイヤで初めての走行、従来のピレリとの差が解るかって?約1か月前のタイヤのイメージ、しかも別のサーキット、正直あまり解りません…この辺が課題ですかね…

でもニュータイヤでの走行は楽しい!最初の1週目もこの暑さだとあまり問題ないし、2週目ぐらいからは安定感があり、いつもよりも安心して乗れる分、ほんの少しですが攻めた運転ができます。今回は14:15からニュータイヤを導入しましたが、スタート前から雨がポツポツと…。モータースポーツ、意外に自然との戦いがありますね。

次回は雨の後、レインタイヤでの走行についてリポート予定ですので、お楽しみに~😎

★新しい展示車② in 品川ショールーム★

陽は、また昇る🌅【日本限定車】EDITION SUNRISE

関連記事

  1. MINI Challenge Season 2

    2021.02.23
  2. 2020年シーズンの振り返り

    2021.04.10
  3. Round 3 第5-6戦決勝 菅生サーキット

    2020.08.29
  4. テスト走行でダンパーの大切さを知る

    2021.03.06
  5. 2021 Rd1 Fuji speedway結果報告

    2021.05.20
  6. R2 ツインリンクもてぎに向けて最終チェック

    2020.07.06

NEW POSTS

ARCHIVE

PAGE TOP